画像の説明文

特化型ブログのジャンルの決め方!選び方は基本的に何でも良い

私へのメッセージでよく「特化型ブログのジャンルはどのようにして決めていますか?」と質問がきます。

これは教材購入者さんのサポートをしていてもよくいただく質問です。

特化型ブログのジャンルの決め方は基本的には何でも良い

それこそ自分が経験したことや趣味、身近にあるものでも何でも良いです。

私の場合は大した趣味もないので経験したことや、身近にあるものでジャンルを決めています。

例えば生活に必ず必要な物とかですね。

スマホとか、PCとか。

これって必要じゃないって人も少しはいると思いますが、大半な人が普段の生活で必要な物ですよね。

ということは需要があるということです。

そしてそれらには必ず不具合が起きたり、故障したりと悩みや解決したいことが出てきますよね。

スマホの場合は今はLINEなどの便利なトークアプリや各SNSなど人と人が繋がるサービスもあるわけです。

人と人とが繋がるわけですので必ずトラブルやが起こり、またはそこから恋愛に発展したりとこれもまた解決したいことや悩みが出てくるわけです。

書くことがいっぱいある上に検索需要もありそうじゃないですか?

私が特化型ブログでジャンルを決めるときはこのようにして決めています。

書きやすい調べやすいジャンルで決める場合も

上記以外にも少しでも経験があるものやネットや書籍で情報が豊富に得られるものでジャンルを決める場合もあります。

私は転職を2回経験していますが、転職に特化したブログも運営しています。

これは情報発信ブログと似ていて記事も非常に書きやすいですね。

しかも体験していることなので、そこでの失敗談や成功談など体験談として記事が書けるので調べることも少なくスラスラと記事が書けます。

専門的なことになると調べるのも面倒なので外注さんに単発で記事を書いてもらったりはしてますけどね。

転職系も情報が豊富にあるジャンルなんですよ。

ネット上にも情報が溢れかえってますし、転職というキーワード自体が需要も幅もあるジャンルですよね。

キーワード次第ではアクセスも集められますし、サイトアフィリエイトと併用することもできます。

趣味だって良いんですよ。

釣りが好きなら釣りブログにすれば良いし、車が好きなら車のブログにすれば良いし本当に何でも良いんです。

結局どちらにしてもブログ運営なんて面白くないものですから書きたいこと書いて少しでも楽しいなと思えるようにしたいじゃないですか。

そんな気持ちで良いですよ。

私なんかはなぜジャンルにそんなに悩む?と疑問に思ってしまいますけどね。

外注化でも特化型ブログはできる

実は外注化でも特化ブログは出来ます。

少し難易度はあがりますが、例えば先ほどの転職ですね。

これは転職に関連した仕事をしている、またはしていた人。

転職を経験した人を募集すれば良いだけです。

釣り好きな人でも良いですし、車好きの人でも良いですよね。

外注化あるあるなんですが、実はジャンルを特定した方が募集をかけたときに応募が多かったりするんですよ。

ノンジャンルだと逆に応募がなかったりとかも結構あります。

で、応募してきてた外注さんはそのジャンルを経験したことがある、好き、得意なので出来上がってくる記事もクオリティ高いものが多いです。

先日、転職エージェントの方に記事をお願いしたのですが、ものすごくクオリティが高い記事でした。

まさに専門といった感じですね。

なので実は外注化も特化型のほうが実践しやすかも、と思ってます。

それに外注さんに依頼する場合は自分が知らなくても外注さんが知っているジャンルなら良いわけですよ。

外注さんに趣味や得意なことを聞いて、「じゃそれで」と丸投げも出来たりしますからね。

まぁ特化型ブログジャンルが決めきらない場合は外注さんにおまかせというのもアリですね。

終わりに

特化型ブログのジャンルの決め方は基本的には何でもOKです。

自分が知っている、経験したことがある、趣味、身近なモノ、得意なことから決めていってはどうでしょうか。

そして決めきれない場合は外注さんに丸投げするもの良いでしょう。

まぁいったん立ち止まって鉛筆とメモ用紙を持って色々これまで自分が何をしてきたのか書き出してみると何かが見つかるかもしれませんよ。

画像の説明文

コメントを残す