画像の説明文

キーワード選定ってどこまでやってますか?

    キーワード選定ってどこまでやってますか?

    これも私の元へよく来る質問なのですが「どうやってキーワード探してますか?」これです。

    これは前回の話にもありましたように自分のコンプレックスからでも探せますし、自分が日々疑問に思うことや悩んでいることがキーワードだったりします。

    例えば、歩くたびに足の裏が痛いな…

    これはもうキーワードになっていますよね。

    「歩く 足 裏 痛い」

    こんな感じのキーワードになっています。

    探すのは意外と簡単ですよね。

    で、次にする事と言えばキーワードに対しての検索ボリュームのチェックですよね。

    どれくらいボリュームがあるのかなぁ…とツールやサイトを利用して行うわけですが「よし!ボリュームもあるし記事を書くぞ!」

    まぁ大半の人がここで記事を書いてしまうわけですよ。

    ダメですよ!

    これだけの情報だけで記事を書くのはダメです。

    これ、ライバルチェックしてないですよね。

    アフィリエイトで失敗する人の多くがこのライバルチェックを疎かにしている傾向があります。

    キーワード選定って大きく分ければ「ジャンル選定 キーワードを探す ライバルチェック」この3つが出来て初めてキーワード選定になります。

    少なくとも私はそう思ってます。

    ごちゃまぜブログで運営する場合はジャンル選定はあまり必要ないかもしれませんが基本的にはジャンルの選定はした方が良いです。

    今日はスマホ関連で書くのか、明日はダイエットについて書くのかなど。

    そして選定したジャンルに対してキーワードを探すんです。

    で、探し出したキーワードでライバルチェックをする。

    ここまでがキーワード選定です。

    キーワード選定で失敗する多くのアフィリエイターはこのライバルチェックで失敗しています。

    おそらく検索上位に無料ブログがあるかないかこれぐらいのチェックだと思います。

    これだけで判断するのも良いのは良いんですが自分の記事検を索上位に持って行く確率を上げるならもっと細かくライバルチェックをする必要があります。

    私の場合ですがまず、ライバルブログを1ページ目~2ページ目までの20ブログぐらいを見て回ります。

    記事のクオリティや文字数なんかを主に見てますね。

    あとは、画像とかどのような構成になっているのかごちゃまぜブログか特化ブログなのか、この辺りをみてます。

    そして次に、1ページ目に表示されている記事タイトルに注目します。

    私の場合はこのキーワードに対しての記事タイトルがライバルチェックをする上で一番重要視しているところです。

    何を見ているかと言うと「インタイトル」なのか「オールインタイトル」なのかこの2つを見ています。

    そしてライバルブログの被リンクチェックですね。

    これかなり神経使いますし結構な時間を取られます…

    でもここまでやってやっとキーワード選定となるわけですよ。

    ここまですればライバルが弱いのか強いのかが分かるようになりますからね。

    記事を書く判断もしやすくなります。

    本当はもっとやる必要はあると思いますがアドセンスならこれだけ十分です。

    私はキーワード選定をする場合は出来るだけ書いた記事を上位に表示させたいのでコンテンツがなくてもタイトルだけで上位表示するようなキーワード選定をしています。

    実際そんなことは不可能なんですがそれぐらいのキーワード選定をやっていると言うことです。

    もし、ライバルチェックを疎かにしている場合はぜひしっかりやってみてください。

    あと、SNSの「いいね」の数字とかはついでに見ておいた方が良いかもしれませんね。

    いいね、がたくさんついてる記事はそれだけ共感を得た、もしくはおもしろいなどユーザーにとって役立つ記事を書いていると言うことなので参考にさせてもらうと良いですね。

    ◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆
    追伸1
    ◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆
    最近話題の無料画像サイトがあるの知ってますか?

    アフィリエイト専門の画像サイトなんですが話題のとか言っておきながら私、恥かしながら昨日まで知りませんでした。笑

    これです。

    → http://sozai-media.com/l/c/K4hcSG7X/qAOJdOM7

    アドセンスって画像とかも悩みどころなんですが今までありそうで無かったこんなサイトがあるとやっぱりアフィリエイターからしてみれば相当便利ですよね。

    使える画像サイトは多い方が良いですからね。

      画像の説明文

      コメントを残す